皮膚の痒みは腸で改善

MENU

腸内環境を改善して、痒みとおさらば

腸の汚れが皮膚に影響を与える事を知っていますか?皮膚のコンディションが悪い時は腸を疑いましょう。
アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人、乾燥肌の人は特に腸内環境の改善をオススメします。皮膚に痒みが起こるメカニズムと、改善するために気を付ける事を調べてみました。

 

皮膚の痒みの原因は腸の汚れ?

 

皮膚に痒みが起った場合、皮膚のバリアがはがれやすい状態になっています。
保湿や痒みを止める薬を塗ってもその場しのぎでしかありません。口に入れる食べ物には食品添加物、農薬や化学薬品などが含まれており、少しずつ腸の中に溜まります。腸の中に溜まった毒素は他の栄養分として体の中に取り込まれ、腸内の免疫システムが誤作動を起こしてしまう状態に陥ります。

 

特に、外食、お菓子、脂っこい食べ物が好きな人は要注意です。体に毒素を溜めてしまう事により、毒素を解毒する肝臓にも負担を与えます。体の内側を改善しなければ、皮膚の改善にはつながらないという訳です。

 

アトピーとアレルギーの違いは?

 

腸の汚れが肌の痒みの原因という事はわかりましたが、赤ちゃんがアトピーの症状や湿疹に悩まされる事があります。赤ちゃんの腸は汚れていないはずですが、どうしてでしょうか?

 

それは妊娠中のお母さんのおなかの中にいる時から影響しています。
人間には2つの免疫の種類があり、片方が強く作用している場合、アレルギーが発症しやすいのです。お母さんが喘息や鼻炎などのアレルギー体質である場合、子どもにそのアレルギーを引き継いでしまいます。しかし、2つの免疫のバランスは次第に整うので、改善する事も多いのですが、環境やストレスで繰り返す事もあります。

 

アトピーの人は普通の人よりも皮膚に敏感で、変わった反応が起こりやすい体質です。一方、アレルギーはダニや花粉など特定な物に過剰に反応してしまいやすい体質です。アトピーで悩む人の多くはアレルギー反応もあわせもち、腸内の免疫のバランスを整える必要がある事がわかります。

 

アトピーやアレルギーが起こりにくい肌にするために乳酸菌を取ろう!

 

アトピーやアレルギーで悩む人は年々増加傾向にありますが、研究もとても進んでいます。韓国では乳酸菌が子どものアトピーを予防するという医学に基づいたデーターが発表されました。

 

皮膚の痒みは疲労やストレスでも引き起こされます。皮膚疾患やアトピーやアレルギー全てにおいて、免疫力を上げ、腸内環境を整える事が大切です。その為にも乳酸菌を取り入れましょう。乳酸菌を1000種類以上あり、その一つ一つに効果や効能があります。そのすべての乳酸菌がもつ基本的な効果に「整腸作用」というものがあり、腸に溜まった老廃物を排出してくれます。

 

まとめ

 

皮膚の痒みは腸の汚れを教えてくれるサインのような存在です。
体の中の汚れを断捨離してアトピーやアレルギーを恐れない体を手に入れましょう。そのためにも、乳酸菌を効率よく利用しましょう。

関連ページ

皮膚の痒み対策は薬では逆効果?
皮膚の痒みを抗生物質の入った飲み薬で改善しようとするのは逆効果かも・・・その痒みの原因、腸内環境の乱れかもしれません。
ステロイドでも皮膚の痒みが良くならない場合は腸内を疑え
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
鶏肉の皮のような皮膚 痒みを抑えるには
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
原因不明の皮膚の痒み 病院に行っても改善しない場合にためすこと
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!