ステロイドでも皮膚の痒みが良くならない場合は腸内を疑え

MENU

ステロイドでも皮膚の痒みが良くならない場合は腸内を疑え

様々な体の治療に使われるステロイド薬は使うととても効果が高い薬として有名です。しかし、副作用を心配し、「できれば使いたくない・・・」と感じている人がいる事も事実です。ステロイドは正しく使う事で副作用のリスクは減らす事が可能です。そして、ステロイドでも痒みが良くならない時には、体の体質を変える事をオススメします。腸内バランスを整え、ステロイドに頼らずにすむ方法を考えてみましょう。

 

ステロイド薬って安全?

 

ステロイドとは体の中で作られているホルモンの一種で、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドから作られ、皮膚の炎症を抑制、アレルギー反応を抑えるなど、様々な治療に役立っています。

 

皮膚に痒みはもちろん、アレルギー性鼻炎、喘息などもステロイド薬を医師の指示があると処方される事になります。医師は長年の経験や知識により、多くの患者を診てきています。定期的な診察を受ける事で、副作用を抑え、安全に使う事ができます。

 

ステロイド薬を正しく使う方法は?

 

様々な噂が飛び交い、「ステロイドは危険」という事を想いこんでいる人もいますが、正しく使う事で早く自分の状態を回復させることができます。もちろんどんな薬にも副作用は付き物です。その副作用を怖がり、使用量や回数を減らす事で、皮膚の痒みが良くならない場合があります。薬を使う事は危険な事ではありません。

 

しかし、皮膚の厚さや毛包の数で使用する薬は違うので、場所によっては、自己判断で使うと、ステロイド薬の吸収率が強く現れ、副作用を起こしてしまう事となる場合もあります。医師の診断や指示を守り、自己判断しないようにしましょう。

 

ステロイドに頼らなくてよい為にも、腸をキレイにしよう。

 

ステロイド薬を使う事は危険ではありませんが、副作用は付き物です。ステロイド薬にたよらない為にも、腸をキレイにしましょう。乳酸菌、ビフィズス菌などを多く含む食品を取り入れて、善玉菌を増やしましょう。腸がキレイになると、免疫力が高まり、皮膚の痒みが起こるアレルギーやアトピーの反応を抑制する事に繋がります。

 

乳酸菌は腸の動きを活発にさせて、便の水分をコントロールし、便秘にならない体作りを応援してくれます。

 

まとめ

 

ステロイドは強さがランクで別れており、皮膚の痒みが収まらない場合は、薬があっていない可能性が考えられます。医師の診断をうけ、使用期限や使用部位をしっかりと理解したうえで使わなければいけません。ステロイドと上手に付き合いながら、乳酸菌を取り入れて腸をキレイにしましょう。

関連ページ

皮膚の痒みは腸で改善
皮膚のかゆみでお困りの方。それは腸が乱れていることが原因かも。
皮膚の痒み対策は薬では逆効果?
皮膚の痒みを抗生物質の入った飲み薬で改善しようとするのは逆効果かも・・・その痒みの原因、腸内環境の乱れかもしれません。
鶏肉の皮のような皮膚 痒みを抑えるには
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
原因不明の皮膚の痒み 病院に行っても改善しない場合にためすこと
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!