虫の刺されたような蕁麻疹の治療方法

MENU

蕁麻疹はどうやって治す?

蕁麻疹(じんましん)にはアレルギー性のものや心因性のあるもの、日光や温熱など色々な種類があるのをご存知でしたでしょうか?

 

色々な症状と原因がある蕁麻疹

 

浅い皮膚の層に赤みやブツブツ、むくみなどが現れるじんましんは汗疹(あせも)などと違い、我慢できないほどの「かゆみ」を伴うケースが多いです。蕁麻疹の種類がたくさんあるのは色々な症状と原因があるため。「このブツブツは絶対にじんましん!」とは言い切れないのです。

 

じんましんかなと思っても患部が乾燥していたり、跡が残ったりするとまた別の疾患である可能性もあるので自分で判断しないようにしましょう。

 

蕁麻疹で全身の皮膚が覆われてしまう事もある

蕁麻疹は広がったり、他の蕁麻疹とくっついて大きくなったりする事があるので全身の皮膚が蕁麻疹で覆われてしまう事もあります。赤みやはれ、ブツブツなどまるで「虫に刺されたような状態」が全身に広がるのでかゆみも強く、見た目もなんだか痛々しく感じてしまいます。美容やオシャレに気を使っている方や思春期の方は耐えられないですよね。

 

虫に刺されたような蕁麻疹の主な治療方法

一般的に病院で蕁麻疹と診断されると「抗ヒスタミン剤」が処方されます。この薬には「ヒスタミン」と呼ばれる蕁麻疹の原因物質を出しにくくする作用があり、蕁麻疹の症状を緩和・改善してくれます。抗ヒスタミン剤は服用することも可能ですし、注射するケースもあります。症状に合わせて外用薬(クリームや軟膏など)と併用する事もあります。

 

また、蕁麻疹を何度も繰り返さないように原因物質を避けるようにすることも治療法の1つとなります。急性であっても慢性であっても蕁麻疹の治療はしっかりと行うようにしましょう。

 

蕁麻疹の予防にもなる驚きの治療方法

 

蕁麻疹の治療法は主に「抗ヒスタミン」の内服となっていますが、実はそれ以外にも蕁麻疹の予防もできる驚きの治療方法があるんです!それが「乳酸菌」を取り入れる事。腸の調子を整える「乳酸菌」は皮膚の健康にも大きな効果を発揮するんですね。

 

腸内環境を正常化する重要性

善玉菌が多く悪玉菌が少ないという理想の腸内環境にするためには「乳酸菌」の摂取が欠かせません。腸内環境の正常化は皮膚のターンオーバーを促し、健康な状態に保ってくれます。腸内環境が良ければ体内に吸収されるヒスタミンの量も減りますし、ブツブツやかゆみといったまるで虫に刺されたような蕁麻疹の症状が緩和・改善することが可能となります。

関連ページ

テクスメテン軟膏でも湿疹が改善しない場合に試してみること
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
乾燥が原因の湿疹対策。クリームよりも乳酸菌を
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
汗疹は腸内から改善しいこう
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
湿疹の原因は腸内環境かも
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!