ヤクルトでアトピーは緩和するの?調査結果を発表

MENU

ヤクルトでアトピーは緩和するの?調査結果を発表

赤ちゃんのアトピーは一ヶ月過ぎた頃から発症するそうです。直接的な原因とされていた遺伝説は現在では否定されているようです。

 

発症した場合、刺激の少ないさらっとしたローションなどで肌の乾燥を防ぎましょう。お母さん自身が乳酸菌を体内に摂り、母乳を通して乳酸菌を与えアトピーを改善していくのが最良の対策になると思われます。

 

また最近の傾向として大人になってから発症する人が多く、大人のアトピー性皮膚炎の原因としてはストレス、食生活、生活習慣の乱れなどが挙げられています。

 

このような時代背景もあり乳酸菌の種類も沢山あるので、自分の目的に合った乳酸菌を選びうまく使いこなしましょう。ここではアトピー性皮膚炎にヤクルト乳酸菌を摂ることでどのような効果があるのか詳しくみていきましょう。

 

乳酸菌シロタ株は特定保健用食品

乳酸菌 シロタ株は生きて腸まで届く乳酸菌です。おおよそ80年前に代田 稔(しろた みのる)医学博士により研究が進められ名前も、ラクトバチルス カゼイ シロタ株と呼ばれています。

 

乳酸菌 シロタ株はヤクルト本社が製造販売する製品、ジョア、ソフール、ピュアラ、プレティオ、などに必ず含まれています(ビフィズス菌商品は除く)。
その働きは高く評価され保健機能食品(特定保健用食品)の認可を受けています。乳酸菌シロタ株はプロバイオティクス乳酸菌で生きて腸まで届きます。

 

ヤクルトはあの小さなボトルの中に150億個もの乳酸菌を含んでいてしかも腸にしっかり届き免疫細胞を活性化することが知られています。

 

腸内に乳酸菌シロタ株を補うことで腸官の免疫細胞に働きかけ、免疫機能を活性化し自然治癒力を高める働きがあります。

 

ヤクルトを販売し始めてから80年間も愛され続け飲まれている理由はその働きにあると言えますね。

 

アトピーを緩和する ものは?

乳酸菌とビフィズス菌が腸内に良いと言う事は皆さんご存知ですね。なぜ腸内に良いと言われるかというと、腸内には体に存在する全てのリンパ球の約70パーセントが存在し最大の免疫機関と言われるからです。

 

残りの約30パーセントは、骨髄、血管、リンパ節、皮膚など全ての器官に存在しています。このように記しますと軽い表現になりますが、数字にしますと体には100兆個にも及ぶ腸内細菌が棲んでいます。

 

腸内細菌の中の免疫細胞が作られる場所は「小腸」と言われています。乳酸菌はその小腸を元気にする働きがあると言われています。

 

自然治癒力を高めアトピーになりにくい腸内環境を作りましょう。

 

子供のアトピー性皮膚炎

腸内環境が影響するアトピー性皮膚炎の子供は、健康な子供と比べ腸内細菌が少ないと言われています。つまりバリアー機能が薄く病気になりやすいと言うことですね。

 

このような場合は生きて腸まで届き選びぬかれたプロバイオティクス乳酸菌シロタ株がおススメです。子供にも飲みやすく一本で150億個の乳酸菌を一度に補うことが出来ます。

 

また他の研究では「腸の状態が悪い人ほど、乾燥などの肌トラブルで悩む人が多いことが分かっています。

 

逆に腸の状態が良好な人ほど、乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスを飲む機会が多かったと報告されています。

 

調査結果を発表

アトピー性皮膚炎は I型アレルギーに分類され食物アレルギー、花粉症、などと深い関係があり一つのグループとして分けられています。免疫グロブリンEと言う抗体「IgE」が原因となるアレルギーです。

 

花粉症を例にとりますと、花粉が体内に入って来ると、花粉に対する抗体「IgE」が多量に作られます。作られた抗体「IgE」は肥満細胞の表面にくっ付きます。

 

そこへ再び入ってきた花粉が肥満細胞にくっ付いて抗体「IgE」と結びつくと肥満細胞はヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出します
ヒスタミンはくしゃみ、鼻水、目や皮膚のかゆみを起こします。これがアトピーや花粉症ですね。

 

ロイコトリエンは鼻の粘膜の血管をかく拡張させ鼻詰まりを起こします。そしてこれが鼻炎ですね。乳酸菌シロタ株はこの「IgE」の生成を押さえアレルギー症状を軽減することが動物による実験で分かっています。

 

乳酸菌シロタ株の人による飲用試験

ヤクルトに入っている乳酸菌シロタ株は生きて腸まで届く乳酸菌です。強い胃酸にも負けず、腸に届き腸管内の常在菌(乳酸菌ビフィズス菌)を元気にしてくれます。

 

人による乳酸菌シロタ株の飲用試験では、アレルギーの症状悪化を遅らせることが明らかになりました。また花粉抗原との反応では「IgE」の低下が認められたとの報告があります。

 

動物夜実験および人の飲用実験においてもプロバイオティクスの乳酸菌シロタ株が花粉症に効果があることが明らかになりました。このような研究結果が報告されました。

関連ページ

アトピーの痒みを軽減させる乳酸菌の摂取の仕方
しつこいアトピーの痒み。ついついかきむしっちゃいますよね。そんな痒みを軽減させる乳酸菌の摂取の仕方を紹介しています。
赤ちゃんに乳酸菌を与えるとアトピーの発症率が軽減する
赤ちゃんのアトピー発症。なんとか食い止めたいと思っているママさんも多いかと思います。赤ちゃんには母乳を通して乳酸菌を与えることが赤ちゃん自身の免疫力向上に効果があることを知っていますか?
アトピーを緩和するには免疫力の強化。小腸が鍵
アトピーで悩んでいる方、まずは自身の免疫力の強化から始めましょう!カラダの免疫力は小腸で作られるのを知っていますか?詳しく解説していきます。
乳酸菌がマクロファージを活性化させる
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
乳酸菌がアトピーに作用するメカニズム
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
L92乳酸菌がアトピーに良い働きがあるというのは本当か
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
アトピーの原因。あなたの腸内細菌かも
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
アトピーは腸内環境から改善できる?いまどきのアトピー対策とは
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
ヤクルトとアトピーの関係性。子供のアトピーはヤクルトで?
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
ヨーグルトでアトピーは緩和できる?その作用を詳しく解説
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
L-92乳酸菌と免疫力の関係性。アトピー完治は体内から
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
アトピー性皮膚炎の方必見!脱ステロイドの手始めとして乳酸菌で体質改善を
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
アトピー性皮膚炎を緩和させる乳酸菌の種類
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!
体内から保湿できる肌!アトピー性皮膚炎完治への道
アトピーの方のための乳酸菌講座。乳酸菌には人によって合う、合わないがあるので選び方が重要です。自分に合った乳酸菌をみつけましょう!