アトピー性皮膚炎

MENU

アトピー性皮膚炎記事一覧

 

アトピー性皮膚炎はどのような場合に「痒み」を発症させるのでしょうか?皮膚は体の表面を覆っており、0.2ミリの厚さで皮体外と体内をわけています。この0・2ミリの皮膚は、外からの刺激から守る働きをしています。しかしこの皮膚にある角質層が壊されると、外部からの刺激から守ることが出来なくなり、湿疹がでたり、炎症が発症し、、肌を乾燥させます。すると、痒みや痛みが出始めます。我慢できないくらいの痒みに襲われる...

 
 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、生後一か月頃から3カ月未満の時期から始まるといわれています。一か月未満の乳児にはみられません。直接的な原因は「遺伝説」というものが考えられていましたが、今では「遺伝説」は薄くなっているようです。治療法としては、体外は病院で処方されたステロイドなどの薬を塗り、乾燥による痒みを軽減させ、体内からは、お母さんが乳酸菌をとり、母乳を通して乳酸菌を与え少しずつ改善していきましょ...

 
 

大腸は排便にかかわる場所だということはご存じだと思います。では、小腸にはどんな働きがあるのでしょうか?小腸は体の重要な役割をしていた!便秘や下痢などで悩んでいる方はすぐに思いつくのが大腸の改善だと思います。しかし、その便秘や下痢を改善し、アトピーの病原菌であるアレルゲンをはねのけ、免疫力を向上させ、健康的な体内をつくりあげるのは、実は小腸。小腸は胃で消化した炭水化物や脂肪、たんぱく質を分解し栄養を...

 
 

マクロファージという言葉を聞いたことがあるでしょうか?私たちの体の中に存在する「マクロファージ」を詳しく知っていきましょうマクロファージとはなに?白血球の中には顆粒球・単球・リンパ球の3種類があります。マクロファージが存在するのは、白血球の単球が変化したものです。このマクロファージは体内に侵入したウイルスや細菌などを食べてくれ、殺菌し体を守る働きをします。そして、マクロファージは、リンパ球を助ける...

 
 

私たちの体には自分に必要な成分と外から体に入ってくるアレルゲンをほんのわずかな形の違いで跳ね除け、自分の体を守る働きが備わっています。しかし、免疫力が衰えたり、そのアレルゲンにに過剰反応し、コントロールができなくなると「アトピー性皮膚炎」として発症してしまいます。では、どのようにすれば「アトピー性皮膚炎にうちかつことができるのでしょうか?」5人に1人は、アレルギーにかかっている現在日本にはアレルギ...

 
 

夏の飲み物と聞かれて頭に浮かぶ人も多い「カルピス」は乳酸菌飲料として昔から多くの人に愛されています。そのカルピス社が長年の研究により発見したL92乳酸菌は、アトピーの良い働きがある事で注目されています。ではL92乳酸菌について調べてみましょう。アトピーやアレルギーになるしくみTh1細胞とTh2細胞の2つが私たちの体の免疫システムを支えています。細菌の感染を防ぐTh1細胞と、アレルゲンの排除に関係す...

 
 

自分はアトピーじゃないと思っている人でも、実は体が急に痒みだし、アトピーになる場合があります。子どものアトピーは改善する場合もありますが、大人になって発症したアトピーは改善する事は難しいと言われています。少しでも辛い痒みを楽にするために、腸内細菌を増やしましょう。腸内細菌を減らす食生活加工食品ばかり食べてはいませんか?外食ばかりしていませんか?こういった食べ物に含まれる食品添加物は保存料と言われる...

 
 

辛い痒みを長引かせたくはないですよね。アトピーの症状が出た時に、どのような対策をしたら良いのでしょうか?今どきのアトピー対策の基本である「薬物療法」「スキンケア」と共に、アトピーになりにくい「腸内環境」について調べてみましょう。薬物療法アトピーと聞くと、ステロイド薬をすぐに思いうかべがちですが、ステロイド剤は5つのランクに分類され、その症状にあった強さを医師の判断のもと提供されます。外用薬と共に、...

 
 

様々な世代にヤクルトは受け入れられています。手軽に質の高い乳酸菌を体に入れる事ができる、とても優秀なドリンクです。アトピーで悩む子供は年々増加傾向にあると言われています。大人も子どもも含めると、全国民の3分の1がアレルギーという厚生労働省の調査でも、その多さが伺えます。ヤクルトはアレルギー社会の救世主として、高い効果をもつ乳酸菌飲料と言われています。ヤクルトとアトピーの関係から、子どもにヤクルトが...

 
 

「ヨーグルトでアトピー改善」という広告を見て、「本当?」と疑っている人はいませんか?実は、ヨーグルトなどの乳酸菌にはアトピーを改善する効果があり、それは科学的に証明されています。では、その作用を詳しく解説していきましょう。IgE抗体の血中レベルを下げる事ができる乳酸菌パワー私たちの体には、体の外から鼻や口を通して入ってくるウィルスや細菌から体を守るために免疫反応が備わっています。その免疫反応が花粉...

 
 

結論から申しますとアトピーから開放される為には「消化管に多く存在する免疫細胞の司令塔Th1とTh2のバランスを整え、免役力を強くする事が大切である」これに尽きます。ですが理論上はそうであってもアトピー完治への道のりは遠く、症状を緩和する事は出来てもアトピーを完治するのは難しいと言われています。アトピー発症の原因は幾つかあり、生活習慣の乱れ、肌バリア機能の低下、睡眠障害などの理由などから、消化管に多...

 
 

日本皮膚科学会はアトピー診断基準は、1.かゆみ2.特徴的な皮疹とその分布3.慢性、反復性の経過などこの3つにあてはまるものと発表しています。病院に行った際にお医者様に皮膚のかゆみを訴えると最初に処方されるのがステロイドと言う塗り薬でしょう。この薬はアトピー患者のかゆい症状を緩和するために処方される薬で即効性があります。アトピーになる原因は肌の表皮、「角層」の肌バリア機能が崩れることにより起こると言...

 
 

私達の体は「37兆2000億個」の細胞から成り立っています。とてつもないこの数字は、大人になっても増減する事は無く同じ数です。そんな私達の肌細胞は自然治癒力という外からは見えない力で守られています。健康な体であれば外から入ってくる有害物質や有害菌を免疫細胞が排除しして跳ね返します。免疫力が落ちて体が弱ってくるといろんな病気にかかってしまいます。アトピー性皮膚炎もこの免疫細胞のバランスが崩れて起こる...

 
 

赤ちゃんのアトピーは一ヶ月過ぎた頃から発症するそうです。直接的な原因とされていた遺伝説は現在では否定されているようです。発症した場合、刺激の少ないさらっとしたローションなどで肌の乾燥を防ぎましょう。お母さん自身が乳酸菌を体内に摂り、母乳を通して乳酸菌を与えアトピーを改善していくのが最良の対策になると思われます。また最近の傾向として大人になってから発症する人が多く、大人のアトピー性皮膚炎の原因として...

 
 

アトピーはどうしてこんなに頑固で治りにくいの?と言う疑問をお持ちの方、多いとおもいます。アトピー性皮膚炎は視覚では確認できない体の中に原因があります。つまりは保湿、ステロイド、軟膏などを塗って治そうと努力してもアトピー性皮膚炎そのものは治らないという事になります。保湿は肌の乾燥を防ぎ、ステロイド軟膏はかゆみを緩和し、それは間違ってはいませんがあくまでも症状を和らげる手段です。アトピー性皮膚炎を治す...